月よお前が悪いから…のアーカイブ

http://d.hatena.ne.jp/artane/ がサーバの関係で消えるようなので、アーカイブします。基本更新しません。

著作権が、なんで延長されなきゃいけないんでしょうか、是非、反対署名を!!!

さて、著作権の保持期間を、作者の没後50年から70年に延期しようという風に法律を改正せよという動き・特に業界のロビー活動が盛んです。
最近では、著作権を振りかざせば、誰でも合法的に前科者にできる。と言う安易な風潮すらはびこっている。

つまりは、作者が死んでから最低70年は、当時の文化に容易に触れることも紹介することも非常難しくなる訳です。
それと同時に、商業的価値が無くなって死蔵されている物が、「著作権の壁」によって発掘出来ない場合すら、現状でも多いのに、さらに20年分余計に増えてしまう訳で

…これって、あきらかに文化の維持や発展を阻害してると思うんですけどね。
まずは、右上のバナーをクリックして、文章を読んで署名しましょう:-)

http://www.aozora.gr.jp/shomei/

(声明の一部のみ転載)

青空文庫が、はじめて延長反対の立場を明らかにしたのは、2005年1月1日の「著作権保護期間の70年延長に反対する」と題した「そらもよう」でした。
翌2006年1月1日の、「全書籍電子化計画と著作権保護期間の行方」でも、欧米を中心とした、さまざまな電子図書館計画の進捗状況を踏まえながら、延長のもたらすマイナスを訴えました。
同年12月31日には、翻訳の観点から保護期間延長を問い直した、大久保ゆうさんの「青空文庫と翻訳と」を掲載し、同じく大久保さんによる、サン=テグジュペリ "Le Petit Prince" の新訳、「あのときの王子くん」を、「私はひとりの翻訳人間として、これ以上の著作権保護期間の延長を望まない」とのメッセージを添えて公開しました。

私たちの考えは、今も変わりません。
いずれも長めの記事ですが、読んでもらえれば、なぜ「延長には反対」と考えるに至ったかを追ってもらえます。

  • 「賛成」「反対」それぞれの意見

2006年は、さまざまな立場から、延長問題への声があがった年でした。

9月22日には、日本文藝家協会日本漫画家協会日本音楽著作権協会JASRAC)など16の権利者団体からなる「著作権問題を考える創作者団体協議会」が、死後70年への延長を求める声明文を発表し、要望書を、文化庁に提出しました。

これに対し、11月8日には、著作者やアーティスト、図書館、電子アーカイブの関係者、研究者、法律家などが発起人となった、「著作権保護期間の延長問題を考える国民会議」が、「国民的議論を尽くさずに保護期間延長を決定しないよう」求める要望書を、同じく文化庁に提出しました。

国民会議*1のウェッブページには、「延長」「反対」それぞれの立場からの主張や、この問題に関する参考情報がまとめられています。

延長問題に関する論議を深めることは、大切です。

加えて、「延長に反対」の思いが確かに胸に育ったのなら、その考えをはっきり示すことも必要と考えて、私たちは署名活動を行うことを決めました。

もし、あなたが「延長に反対」なら、力を貸してください。
声をそろえて、訴えていきましょう。


(後は省略、青空文庫の呼びかけページをお読みください。)